別れさせ屋に相談する前に

恋愛工作サーチ

掲載サイトに一括ご相談
掲載サイトに一括ご相談

相談する前にやっておくべきこと

別れさせ屋に相談する前にやっておくべきこと、注意すべき点をご説明します。

こちらで説明するいくつかの点を、事前にやっておく、確認しておくことによって、依頼する際に費用や料金、金額が変わってくる可能性があります。 別れさせ屋に電話やメールで慌てて相談する前に、一呼吸置いてこちらで説明することを行ってみましょう。 間違いなく損をすることはないはずです。

まずは依頼を断られるケースではないか考えましょう

普通の業者であれば依頼を断られるケースというものが存在します。 大抵は差別・怨恨・犯罪に繋がる恐れのある依頼です。

差別を基にした依頼

まず、「差別を基にした依頼」とは具体的には何なのかご説明します。
昨今では外国の方へのヘイトスピーチが問題視されていますが、主にこれは部落差別・人種差別を基にした別れさせ屋への依頼のことです。

都心部などに住んでいると気付きにくいのですが、世の中には今でも「被差別部落出身者との結婚は許さない」というような考えを持った人や「○○人だから結婚は許さない」といった人がいます。

こういった差別を基にした別れさせ屋への依頼は「社会的妥当性」がないため、公序良俗に反する違法行為となってしまうのです。

怨恨を基にした依頼

次に「怨恨を基にした依頼」ですが、これは「恨みを晴らす」といった意味合いであり、やはり公序良俗に反する違法行為となる可能性が非常に高いものです。

犯罪に繋がる恐れのある依頼

そして「犯罪に繋がる恐れのある依頼」です。
これは復縁したいケースや出会いたいケースに関わってくることが多いのですが、例えば過去にDV(ドメスティックバイオレンス)で離婚していて、接近禁止であるにも関わらず復縁工作や出会い工作の依頼をするというようなケースや、過去にストーカー行為を行っていて接近禁止状態なのに復縁や出会いの依頼をするというようなケース、他には未成年者との出会いを希望する依頼といったものがこれに当たります。

これは第三者から見て非常に危険で犯罪行為に繋がる恐れがあるため、犯罪を未然に防ぐために依頼を断るというわけです。

次に、別れさせ屋に伝える手持ちの情報を整理しましょう

例えば彼氏や彼女、旦那や妻が浮気や不倫をしていたとします。
しかし、浮気相手・不倫相手がどこの誰だか分からない…でも浮気や不倫は間違いない。
こういった状況であるとします。

その場合、「この日に絶対浮気する!不倫する!この日は限りなく怪しい!」という日が分かっていれば、その日にピンポイントで事前調査を依頼することによって、浮気相手・不倫相手がどこの誰なのかということをハッキリさせることが出来ます。

いつ浮気相手・不倫相手と会うか分からない…となってしまうと、調査の日数や時間を多めに見積もる必要があり、運が悪いといつまでたっても浮気相手・不倫相手がどこの誰だか分からず、調査ばかりで工作を行う状況にすらならない…ということもあります。

しかし、だからといって対象者を疑っていることが対象者自身に発覚してしまうと、その後の調査や工作に支障をきたしてしまい、難易度が跳ね上がることもありますので無理な詮索はしないようにしましょう。

実際に問い合わせる前には、とにかく冷静に!

普段は冷静に物事を考えられる人でも、恋愛の問題となると慌ててしまったり、冷静さを失ってしまう場合があります。
信じていた恋人や配偶者(旦那や妻)が浮気や不倫をしていた…これは焦ってしまって当然です。
場合によっては恋人への怒りや悲しみからお酒に溺れていることもあるかもしれません。

しかし慌てて相談する前に冷静になりましょう。
真っ当な別れさせ屋や業者であれば、相談をしてすぐに契約という話にはなりませんが、悪徳業者は、その慌てた状態、冷静さを欠いた状態に付け込んで契約を勧めてきます。 まずは、悪徳業者と契約しないためにとにかく冷静になって下さい。

そして次に2点目です。

冷静さを欠いた状態や、アルコールの摂取による酩酊状態で業者に相談をすると、対象者に関する説明や、現在の状況説明が正確に出来ないことがあります。

これをやってしまうと、如何に優秀な別れさせ屋であっても、自分のケースに適した内容の提案が出来なくなってしまい、予想よりも依頼の進展が遅れてしまったり、最悪の場合は依頼自体の失敗にも繋がりかねません。

問い合わせる際は「とにかく冷静に!」これが大切なことです。

当サイトに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁じます。
Copyright © 恋愛工作サーチ(http://www.renaikousaku.jp) All Rights Reserved.