こういう別れさせ屋は危険

恋愛工作サーチ

恋愛工作サーチについて、まず始めにお読み下さい。
当サイトは別れさせ屋や復縁サポートを行なっている業者をまとめたサイトであり、悪徳業者を避けるための情報も掲載しております。 別れさせや復縁を成功させるためには、多くの業者に相談をして、ご自身の状況に合った解決策を提案してくれる業者を選び出す事が重要です。 その為に複数の業者に相談をする必要がありますが、当サイトでは掲載業者に一括でのメール相談を行うことも可能となっておりますので、是非ご利用下さい。 また、掲載している業者は24時間365日、メール相談だけでなく、電話での相談も可能な業者のみとなっております。

当サイトでは安心して別れさせ屋、復縁サポート業者をお選び頂けるように下記の掲載条件を設けております。

万一、上記の掲載基準に抵触している業者を見つけた場合は、当サイト管理者が代表者に聞き取り調査をする場合がございます。

<掲載を希望される別れさせ屋・業者の方へ>
掲載にあたっては掲載基準を満たしているかを確認させて頂きますので、必要書類の提出にご協力をお願い致します。
依頼した方々が「本当に依頼して良かった!」と感じる優良業者である、という自負のある業者は当サイトにお問い合わせください。

掲載サイトに一括ご相談
警視庁・探偵業法に基づく行政処分
すぐ分かる2つのポイント
お問い合わせ
掲載サイトに一括ご相談
警視庁・探偵業法に基づく行政処分
すぐ分かる2つのポイント

別れさせ屋選びを失敗しないために

別れさせ屋に何らかの依頼を考えている人は、大体が初めて依頼する方です。 しかし、数多くある別れさせ屋や業者の中から、心底安心して依頼が出来るような会社を見つけることはとても難しいことです。

こちらのページでは悪徳業者や、実力のない会社を見破るためのポイントを複数掲載しています。 業者を比較検討、選択する際に判断基準としてお使い下さい。 探偵業法の施行以前に比べ、悪徳業者による詐欺被害やトラブルも、以前に比べれば確かに減りましたが未だに存在しています

恋愛に関する悩みは、どうしても焦ってしまうことが多いので、最初に相談した会社に「早く決断した方がいい」などと不安を煽られてしまうと、その会社に決めてしまう方が多いようです。 しかし、「慌てて契約した別れさせ屋が悪徳業者だった」とならないように、複数の業者に相談して比較検討した上で依頼先を決めることをお勧めします。

悪徳業者・実力のない会社を判断するポイント

以下のポイントが分かりやすい判断ポイントです。 依頼する別れさせ屋を選ぶ際の判断基準としてお使い下さい。

1. まずはとにかく探偵業届出の確認

とにかく最初は探偵業届出がされている業者なのかを確認しましょう。
当サイト内「別れさせ屋って違法?」にて記載しておりますが、探偵業届出を出していない業者は尾行や張り込みが違法行為となる場合があり、事前調査や工作内容が、探偵業届出を提出済みの業者に比べて大幅に不利になる可能性があります。 また、酷い会社になると最初から一切何もする気のない、契約金目当ての詐欺会社の怖れもあります。

探偵業法にて「営業所の見やすい場所に届出証明書を掲示しなければならない。」という義務が規定されていますので、会社に直接出向いての面談・相談であれば、探偵業届出を直接確認することが可能となっています。

※恋愛工作サーチでは探偵業届出が未提出の別れさせ屋・業者は掲載しておりません。

2. 責任者・代表者の氏名と会社の所在地を確認

未だに一部の別れさせ屋の中には、探偵業法違反であるにも関わらず「代表者の名前が偽名で掲載されている会社」や「本当の代表者を秘匿し、別の人物を代表者としている会社」も存在しているようです。 また、責任者・代表者の氏名と会社の所在地が掲載されていたとしても分かりにくい場合は危険です。

代表者や責任者が偽名であったり、別人であったりするような会社や、会社の所在地が記載されていなかったり、分かりにくく記載しているような会社は、当初から依頼者との間に何らかのトラブルが発生することを想定し、代表者が逃走することを計算している場合があります。

3. マスコミ出演実績ばかりをアピールしていないか確認

何も知らない人が見れば、信用できそう…と思ってしまうマスコミ出演実績ですが、実際には全く持ってそのようなことはありません。
もちろん、本当にマスコミ側から依頼があった上で取材を受けたというものもあるとは思います。 しかし、数ある別れさせ屋がアピールしているマスコミ出演実績の中には「取材型広告」というものがあり、「取材で雑誌に掲載されました!」と会社の宣伝をしている偽出演実績があります。

インターネット上や別れさせ屋業界で有名な記事広告としては、こちらや、こちらがありますが、お金さえ払えばどこの別れさせ屋でも芸能人と対談をすることもできますし、取材を受けて写真を撮ることもできるのです。
「成功率が高いから芸能人の取材を受けた」「有名な会社だから芸能人の取材を受けた」などということはなく、実際には「会社側がお金を何十万か支払って、芸能人と対談したり、取材を受けている」が正しいのです。

「マスコミへの出演実績が多い=広告費に多大なお金を使っている」と言い換えてもいいかもしれません。 ということは「料金に対して、広告費が占める割合が大きい」ということにもなってしまいます。

4. 他社のネガティブキャンペーンばかり行っていないか確認

他社や情報サイトの批判などを公然と行い、先入観を植え付けようとするサイトが散見されます。

他社の評判を下げることにより集客するのではなく、提案や工作の内容で他社の上を行こうと努力するのが大多数の会社です。 ネガティブキャンペーンに血道をあげるような会社は、本来別れさせ屋が競うべき、提案や工作といった土俵で戦えないからこそネガティブキャンペーンを行っている、実力のない会社かもしれません。

また、そのようなサイトで優良として勧めている会社の中には、過去に行政処分を受けている会社もあります。
他社や他のサイトを批判しておきながら、過去の行政処分という大きな問題を隠してお勧めをする…どういうことでしょうか?

警視庁や、各都道府県の公安委員会は、探偵業法違反等により、営業停止命令・廃止命令等を行った探偵業者を公表しています。 これは業界内のものではなく、政府機関が公表している唯一確かな情報です。 公表の期間は、当該処分が行われた日から3年間となっており、誰でも確認することができます。 このページの最下部にリンクがございますので、ご確認ください。

5. 電話・フリーダイヤルをかけた際の繋がりやすさと待ち時間を確認

相談等の電話をかけたときに、日中であるにも関わらず、妙に長い時間担当者と繋がらなかったり、待たされてしまうことがある会社は大手を自称していたとしても、実際の会社の規模よりも大きく見せている場合があります。

ただし、単純に前の相談が長引いている可能性もありますので、上記の理由だけで簡単に悪徳業者であると判断してしまうのも早計です。 他の判断ポイントと照らし合わせた上で、トータル的に判断して下さい。

6. 詳細を把握している気配がないにも拘わらず、契約を勧めて来ないか確認

初回の相談から、契約を勧めてくるような業者はお勧めしません。 相談者、対象者、地域、現在の状況など一つとして同じ相談はないにも関わらず、簡単に「大丈夫ですので契約して下さい」とは普通の会社であれば言えません。

そのような会社は、他社と比較された場合に提案内容などで競り負けると思っている可能性があり、そのため他社に相談をさせず、初回の相談で何とかして契約をさせようと考えているかもしれません。 当サイト、恋愛工作サーチでは、複数の業者に相談してから提案内容の詳細を比較検討した上での契約を推奨しております。

7. 細かく質問した際の対応を確認

早めに質問を切り上げて契約を迫ってくるような業者や、細かく質問をされることを嫌がっている節のある担当者は、会社として何らかの答えたくない質問、もしくは答えられない質問がある可能性があります。

質問を嫌がっている相手に対して細かく質問をすることに抵抗があるという人もいるかもしれませんが、別れさせ屋との契約は数十万から数百万もの高額なお金を支払うことなります。 別れさせ屋に支払ったお金は、失敗したとしても返ってくることは「ほぼ」ありません。(成功報酬型の場合は違います。) 疑問に思う点、よく分からない点については、勇気を出して全て質問しましょう。

8. 契約書の内容確認

探偵業届出を行っている業者であれば、探偵業法により「契約の内容を明らかにする書面を交付」することが法律で義務付けられています。

何らかの理由で契約書の交付をしない業者は、実際には探偵業届出を出していないなど問題を抱えている可能性がありますので、しっかりと理由を確認しましょう。 また、契約書に記載しなければならない内容や、事前に説明しなければならない内容に関しても探偵業法で規定されています。

次の項目で詳しく説明しておりますが、契約書には実働回数や調査・工作を行った際の報告の仕方なども記載されている場合があります。 実動回数が希望する程度あるのか、支払っている金額と照らし合わせて納得のいく回数なのか、報告の方法は実働が確認できるものなのか、など契約書で確認すべき項目は多岐にわたります。

9. 支払う料金で、何を何回してくれるかを確認

何かを買ったり、何かをする際に、料金や費用が安ければ安いほど良いと思うのは消費者として当たり前の考え方です。
しかし、別れさせ屋はボランティアではありません。 人件費に加えて利益も出さなければならない「会社」です。

そのため、料金が安い別れさせ屋には、安くても依頼を請けることができる、何らかの理由があります。 他社と比較した際に格安の別れさせ屋であれば、なぜ格安の料金で依頼を請け負っても利益が出せるのか質問してみましょう。

様々な企業努力による場合もあるでしょうが、単純に依頼に関わる調査員や工作員の人数、実働回数などが他の業者と比較して劣る可能性もあります。 最悪の場合は、契約さえしたらその後は一切何もやらないという契約金目当ての詐欺業者かもしれません。

「格安」「低価格」「低料金」といった単語に釣られて、プランの詳細を知らずに契約することのないようにしましょう。

10. 写真撮影等、実働の証拠は見せてもらえるのか確認

事前調査と工作時に何らかの証拠を見せてもらえるのか確認しましょう。
残念なことに、契約後に実際にほとんど活動を行わない、通称「やらずぼったくり」な業者も存在しているようです。

確かに映像や写真が撮れないこともありますが、全ての証拠を見せられないということはないはずです。

11. アフターフォロー等、サービスの充実度を確認

最近の業者はアフターフォローにも力を入れています。 工作中の対象者への対応方法のアドバイスや、依頼終了後の継続無料アドバイスというものがあると安心です。

特に復縁工作ですが、依頼終了後も対応方法のアドバイスがあると復縁後の生活の安定に直結してきます。 上記の理由から、アフターフォローサービスの確認をしておいた方が良いでしょう。

「探偵業法に基づく行政処分」をされた過去がないか確認しましょう

探偵業法違反等により、営業停止命令・廃止命令等を行った探偵業者を各都道府県の警察・公安委員会が公表しています。
公表の期間は、当該処分が行われた日から3年間で、都道府県別に警察や公安委員会のホームページで公表されています。

3年を過ぎると公安委員会のサイトからは削除されますが、検索エンジンで「社名 行政処分」等で検索をすると情報が出てくる場合があります。

北海道警察・警備業及び探偵業の行政処分状況
北海道警察釧路方面・行政処分状況
福島県公安委員会・行政処分の公表
新潟県公安委員会・行政処分の公表
群馬県公安委員会・行政処分の公表(pdfファイル)
警視庁(東京都)・探偵業法に基づく行政処分
埼玉県警察・行政処分の公表
山梨県警察・行政処分の公表
富山県警察・行政処分の公表
福井県警察・行政処分の公表
岐阜県警察・行政処分簿
静岡県警察・警備業者及び探偵業者に対する行政処分の公表
愛知県警察・探偵業行政処分簿
京都府警察・警備業者及び探偵業者に対する行政処分の公表
大阪府警察・探偵業者に対する行政処分のお知らせ
兵庫県公安委員会・行政処分の公表
島根県公安委員会・探偵業公表
岡山県警察・探偵業の業務の適正化に関する法律に基づく行政処分の公表
広島県公安委員会・行政処分の公表
徳島県警察・行政処分状況のお知らせ

注意はしていますが、アドレスが変更されてリンク切れになっている場合がございます。
その際は各ページのトップページからサイト内検索などで「行政処分」で検索すると新規ページが表示されます。

当サイトに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁じます。
Copyright © 恋愛工作サーチ(http://www.renaikousaku.jp) All Rights Reserved.