別れさせ工作とは?

恋愛工作サーチ

恋愛工作サーチについて、まず始めにお読み下さい。
当サイトは別れさせ屋や復縁サポートを行なっている業者をまとめたサイトであり、悪徳業者を避けるための情報も掲載しております。 別れさせや復縁を成功させるためには、多くの業者に相談をして、ご自身の状況に合った解決策を提案してくれる業者を選び出す事が重要です。 その為に複数の業者に相談をする必要がありますが、当サイトでは掲載業者に一括でのメール相談を行うことも可能となっておりますので、是非ご利用下さい。 また、掲載している業者は24時間365日、メール相談だけでなく、電話での相談も可能な業者のみとなっております。

当サイトでは安心して別れさせ屋、復縁サポート業者をお選び頂けるように下記の掲載条件を設けております。

万一、上記の掲載基準に抵触している業者を見つけた場合は、当サイト管理者が代表者に聞き取り調査をする場合がございます。

<掲載を希望される別れさせ屋・業者の方へ>
掲載にあたっては掲載基準を満たしているかを確認させて頂きますので、必要書類の提出にご協力をお願い致します。
依頼した方々が「本当に依頼して良かった!」と感じる優良業者である、という自負のある業者は当サイトにお問い合わせください。

掲載サイトに一括ご相談
警視庁・探偵業法に基づく行政処分
すぐ分かる2つのポイント
お問い合わせ
掲載サイトに一括ご相談
警視庁・探偵業法に基づく行政処分
すぐ分かる2つのポイント

別れさせ屋の象徴、別れさせ工作とは?

別れさせ工作とは名前の通り、特定の人物とその相手を別れさせる業務で、別れさせ屋と聞いて多くの人が一番イメージするサービス内容でもあります。 会社によっては、特定の人物とその相手を別れさせるもの(依頼者の恋人とその浮気相手など)を「別れさせ工作」、依頼者と特定の人物(依頼者と元恋人であるストーカーやDV夫など)が別れるものを「別れ工作」と区分けしている場合もあります。

「別れさせる、別れるなんて簡単!知り合いに頼めばできそう!」
と、お考えの方もいらっしゃるかと思います。

しかし、実際には対象者の状況(職場環境・生活環境・好みなど)を細かく調べ上げ、性格・心理等を経験や専門的視点から分析した上で、合法的(法に触れない)手段を用いて別れさせるという、極めて難しいプロの技術と別れさせる行為に関連する法律の知識を要求される仕事が別れさせ屋であると言えます。

「別れさせ屋」契約は、適法(大阪地裁)
探偵業者が男女間の交際を終わらせるよう仕掛ける「別れさせ屋」が公序良俗に反し無効かどうかが争われた訴訟の控訴審判決で、大阪地裁は、11月9日、「契約が公序良俗違反とはいえない」と判断し、業者が依頼人女性に求めた報酬など約97万円の支払を命じました。(2015年11月10日付け京都新聞朝刊)

判決では、「倫理的な非難の余地は十分ある」としましたが、対象の女性が独身だった上、工作の過程で性的関係を持つなどの方法も予定しなかったと指摘し、「実際に関係が終了するかは対象者の意思次第で、業者が別れさせる目的を達成できる可能性が高いともいえない」と判断し、別れさせ屋の契約自体は、公序良俗違反にはならないと結論付けました。

「別れさせ屋が公序良俗に反し無効かどうか」「契約が公序良俗違反とはいえない」「工作の過程で性的関係を持つなどの方法も予定しなかった」
ここが非常に重要なポイントで、契約自体は公序良俗違反ではないが、方法・手段次第では公序良俗違反となる可能性があるということです。 そのため、合法的(法に触れない)手段=公序良俗に反しない手段と言い換えてもいいでしょう。

では、具体的に何をするのか?

上記の説明、公序良俗に反しない手段というものもあり、別れさせ工作の方法や手段とは一体どういうものなのか?
これはご依頼をお考えの方はかなり気になる点でしょう。

一番イメージしやすく、有名な別れさせ屋の方法としては、やはり対象者に異性を接近させて別れさせるという方法でしょう。
これは別れさせ工作の事前調査によって対象者の生活を把握した上で、偶然を装った工作員が対象者と接触をし、恋愛関係へと持ち込み、最終的に付き合っている二人の関係を破壊するという方法です。

ただし、上記の通り、「工作の過程で性的関係を持つなどの方法」を取った場合は公序良俗違反となる可能性がありますので、肉体関係は持たず、「デートする場所を、別れさせたい相手と遭遇する場所にする(事前調査で予定を合わせる)」などの方法で修羅場を作り出すようです。

とはいえ、上記の別れさせ屋工作の方法が万人に有効であり、その方法で全て成功するのかと問われれば全くもってその様なことはないと言えます。

例えば、恋人以外の異性とはあまり親しくはならないものの、同性の友人には何でも話をして、また話を聞くようなタイプの場合には異性を近づけるのが一番有効な手段であるとは限らないのがお分かりいただけると思います。
このような人物が対象者である場合、別れさせ屋はその情報を基にして、異性ではなく、同性の工作員を接触させる方法を選択することもあります。

特に対象者の情報を知ろうともせず、「別れさせ屋○○○の方法なら誰にでも通用します!」と、簡単に言ってくるような別れさせ屋はかなり危険であると言えます。 真っ当な別れさせ屋であれば、依頼者と対象者の情報を詳しく聞くことなく、別れさせ工作のプランを提案することはないでしょう。

「別れさせたい」「別れたい」に関する相談例

以下の様な悩みを解決するために利用する方が多いようです。

  • 今の彼氏・彼女と別れたいが、全然納得してもらえない
  • DV(ドメスティックバイオレンス)が酷いので別れたいが、別れを切り出したら何をされるか分からず怖い
  • 彼氏・彼女にバレないように、浮気相手と別れたい
  • 不倫相手との関係を清算したいが、旦那・妻に関係をバラされそう
  • 何とかして旦那・妻と離婚したいが決め手になる理由がない
  • 社内恋愛・職場恋愛を人間関係を崩すことなく終わらせたい
  • 不倫関係だが、なんとかして略奪愛したい

なるべく穏便に別れる方法として別れさせ屋を利用するケースや、別れることに相手が納得してくれないケースの解決依頼が多いようです。

当サイトに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁じます。
Copyright © 恋愛工作サーチ(http://www.renaikousaku.jp) All Rights Reserved.