別れさせ屋の使う方法・テクニック

恋愛工作サーチ

恋愛工作サーチについて、まず始めにお読み下さい。
当サイトは別れさせ屋や復縁サポートを行なっている業者をまとめたサイトであり、悪徳業者を避けるための情報も掲載しております。 別れさせや復縁を成功させるためには、多くの業者に相談をして、ご自身の状況に合った解決策を提案してくれる業者を選び出す事が重要です。 その為に複数の業者に相談をする必要がありますが、当サイトでは掲載業者に一括でのメール相談を行うことも可能となっておりますので、是非ご利用下さい。 また、掲載している業者は24時間365日、メール相談だけでなく、電話での相談も可能な業者のみとなっております。

当サイトでは安心して別れさせ屋、復縁サポート業者をお選び頂けるように下記の掲載条件を設けております。

万一、上記の掲載基準に抵触している業者を見つけた場合は、当サイト管理者が代表者に聞き取り調査をする場合がございます。

<掲載を希望される別れさせ屋・業者の方へ>
掲載にあたっては掲載基準を満たしているかを確認させて頂きますので、必要書類の提出にご協力をお願い致します。
依頼した方々が「本当に依頼して良かった!」と感じる優良業者である、という自負のある業者は当サイトにお問い合わせください。

掲載サイトに一括ご相談
警視庁・探偵業法に基づく行政処分
すぐ分かる2つのポイント
お問い合わせ
掲載サイトに一括ご相談
警視庁・探偵業法に基づく行政処分
すぐ分かる2つのポイント

別れさせ屋のテクニックとは

別れさせ屋は実際に「別れさせる」「別れる」際にどのようなテクニックや方法を使っているのでしょうか。
彼氏や彼女の浮気相手を別れさせたり、旦那や妻の不倫相手を別れさせたり、しつこい元恋人やストーカーと別れたり…

別れさせ屋のテクニックや方法というと、大抵の人がイメージするのはハニートラップでしょう。
確かにハニートラップと言えるようなな、対象となる人物が好む異性を近づけるというテクニックや方法もあります。 その中で工作員と対象者が肉体関係になるというところまでイメージする方もいるかもしれません。 しかし、実は完全な裏稼業として探偵業届出も出さずにやっている別れさせ屋であれば別ですが、探偵業届出が出されている業者であれば、まず肉体関係にまで持ち込むことはありません。

当サイトの「別れさせ工作とは?」でも触れていますが、別れさせ屋の工作員が対象者と肉体関係を持つことは、民法における公序良俗(民法第90条)の違反、「2.人倫に反する行為 4.正義の観念に反する行為」にあたる可能性があり、公序良俗(民法第90条)の違反が探偵業法の第十五条(営業の停止等)で規定されている、「探偵業者等がこの法律若しくは探偵業務に関し、他の法令の規定に違反した場合」に抵触する可能性があるからです。

違法なテクニックや方法は、確かに成功率をより高めるかもしれません。
しかしそのような違法行為は、後々その手段を使った別れさせ屋だけでなく、依頼した本人にもトラブルを招く可能性があります。 成功率の高さをアピールされたからといって、違法な手段を使うような別れさせ屋とは絶対に契約しないようにしましょう。

それでは、以下で「別れさせるケース」と「別れるケース」に分けて、別れさせ屋のテクニック・方法をご紹介します。

別れさせるケースのテクニック

まずは対象となる人物(依頼対象者)を、浮気相手や不倫相手(ターゲット)と別れさせるケースのテクニックや方法をご紹介します。
実際には別れさせ屋に依頼をする人のケースによってさまざまな方法がありますが、こちらでは代表的なテクニック、方法を2つご紹介します。

1. ターゲットに、依頼対象者よりも魅力的な異性を近づける。

事前調査でターゲットとなる人物の異性の好み(外見や性格など)をしっかりと把握し、それにピッタリと一致する人物を接近させます。
これは、単純に浮気相手や不倫相手に現在の相手(依頼対象者)よりも外見や内面が好みである異性の工作員を近づけて、興味を工作員に移らせるという別れさせ屋の代表的テクニック・方法です。

ターゲットが外見よりも財力を優先するようであれば、財力があるように振舞ったり、スポーツが得意なことに魅力を感じる性格であれば、そのスポーツが得意な工作員を接近させます。

ターゲットが工作員に興味を持ったところで、デート中の偶然を装って依頼対象者(彼氏や彼女、夫や妻など)に目撃させたり、「対象者と別れてくれないと私は付き合わない」と言って、別れる方向に誘導していきます。 その後、ターゲットが依頼対象者に完全に興味が無くなったのを確認して、工作員は徐々にフェードアウトします。

2. ターゲットに、気の合う同性を近づける

依頼対象者やその浮気相手、不倫相手のどちらかが浮気や不倫の罪悪感を感じていたり、関係を清算しようと思っているにも関わらず、ズルズルと浮気や不倫が続いてしまっている場合に有効なテクニック・方法です。

これは依頼対象者に対して、事前調査などで知りえた趣味などを利用して工作員が友人関係を構築します。
工作員は友人関係を徐々に親密化させ、親友と呼べるような間柄になり、依頼対象者が他の人には話せない悩みを相談するような深い友人関係にしていきます。

依頼対象者が工作員に浮気や不倫の相談を持ちかけた際に、浮気相手や不倫相手と別れる方向へと誘導するようにし、場合によっては「一緒に浮気・不倫関係を終わりにしに行こう」と持ちかけてターゲットとの関係を依頼対象者自身が清算するように誘導していくテクニック・方法です。

別れるケースのテクニック

次に、対象となる人物(依頼対象者)と依頼した本人が別れるケースです。
ストーカー問題を解決したい、DV(ドメスティックバイオレンス)問題を解決したい、有利な財産分与条件で離婚したい、親権を獲得して離婚したいといったことを依頼者が考えている場合の別れさせ屋のテクニックや方法をご紹介します。

1. ターゲットに、依頼者よりも魅力的な異性を近づける

ストーカー問題の解決や、有利な条件で離婚したいケースに利用される方法・テクニックです。

単純に現在の相手(対象者)よりも外見・内面が好みである異性を近づけて興味を移らせます。
別れさせるケースと同じく、事前調査でターゲットとなる人物の異性の好み(外見や性格など)をしっかりと把握し、それにピッタリの人物を接近させるテクニックですが、別れさせる場合とは違い、別れる場合には依頼対象者(彼氏や彼女、夫や妻)の情報が手に入りやすいといった違いがあります。

ターゲットが工作員に興味を持ったところで、「依頼者と別れてくれないと付き合わない」と言って対象者から別れるように仕向けたり、ターゲットと工作員のデート中の写真など浮気や不倫を匂わせる証拠を撮ったりします。 その後、ターゲットが依頼者と完全に別れたことを確認して、徐々に工作員はフェードアウトします。

2. ストーカー被害やDV被害の確たる証拠を入手し、接近禁止にする。

依頼者がDVシェルターやホテルなどに身を隠している間に、ターゲットがストーカー行為をしていたり、DV(ドメスティックバイオレンス)を行っている確たる証拠を入手し、依頼者(被害者)から地方裁判所に書面による申立てを行って、法的に「被害者への接近禁止命令」「電話禁止命令 」、「被害者の子への接近禁止命令」「被害者の親族等への接近禁止命令」を発してもらうというテクニック・方法です。

裁判所からの接近禁止命令に違反すると、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金という刑事罰による制裁が加えられます。
保護命令に反した場合は、「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」の第29条に基づいて、警察や検察に対して対象者を刑事告訴することが可能になります。

当サイトに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁じます。
Copyright © 恋愛工作サーチ(http://www.renaikousaku.jp) All Rights Reserved.